全力塾代表

記事一覧(74)

J教大F属中学校で成績を上げ続けた僕の話

僕の勉強に関する武勇伝は2つ。J教大F属中学校で成績を上げ続けたこと。センター試験の地理で97点をとったこと。塾や予備校には通っていませんでした。ホントは「その後」と「それ以外の教科」という続編があるのですが、今日はそこは割愛。(一気に武勇伝じゃなくなるので。この2つのことには共通点があります。それは、「ノート作り」を徹底したことです。J教大F属中学校では成績ごとにランクで分けられます。僕は中1の1学期に「Eランク」からのスタートでした。これ、順番にすると「80位から100位くらい」。「ま、まずい。こんなんじゃ高田高校行けないわ」と思ってから、その対策をするようになりました。まずは、時間をかけてテキストを繰り返す。それで、「Dランク」。次も「Dランク」。「な、なぜだ!こんなに繰り返してんだぞ!」その後、作戦を考えました。今は得意な数学は当時は大の苦手。苦手科目はまず「平均点」をとる作戦を立てました。「そっか、基本的な問題でミスをしなければいいのか」と気付き、計算練習を入念に行いました。そして、理科・社会では「ノートを作る」ということを始めました。問題集を繰り返すだけでは、それ以外の問題に対応できない。そして、「Cランク」に到達。お、おぉ、やっときた。しかし、「これぐらいでいいだろ」、という気の緩みからか、「Cランク」の時代は続きます。そこで、「計画表」を作り始めました。計画表通りにうまくいかないことが続きます。当然、成績は「Cランク」のまま。「計画表通りに進まないなぁ。いい方法はないかなー?」そこで、出した答えは、「予備日を作る」ということ。「予備日」とは、1週間に1日、勉強をしない日を作ることです。本当に勉強しないの?違います。狙いは、「計画の修正を行う」ためです。結局毎日勉強するのですが(^-^;それでも余裕を持って勉強に臨むことができます。計画表効果で、なんとか「Bランク」。つまり「20位から40位以内」へ!成績が下がったことがないことを教えてくれたのは、当時の担任の先生でした。たしか、クラスの前で、「たもっちゃんは成績が下がったことがない」と言って、びっしり書き込まれた「計画表」をみんなに紹介してくれた思い出があります。めちゃくちゃ嬉しかったなぁ。その後は…。今日はここまで。小学生から孫子と戦国武将の本を読みまくった僕らしい勉強法です。「いかに勝つか」、「どうしたら負けないか」そういうことを考えるのが好きなかわいくない子どもでした。今もか…(^-^;いろんなタイプの人がいるので、いろんな勉強法があります。ここで、紹介した話も、「正しい」かどうかはわかりません。これは「勉強法」の話で、「勉強」の話ではないからです。僕は「記憶力」と「作戦」、そして「物量」に頼って勉強と受験をしてしまった。「理論」がスッポリ抜けている。それが学生時代の僕です。「あ、先生と同じだ。」と思う塾生もいると思います。繰り返しているのに成果が出ない。キミはどんなタイプかな?記憶力はいい?孫子は好き?自分に合った勉強法を探すことも大切だけど、「勉強」には「理論」があって、その「理論」がわかれば必ず理解できる。「勉強法」の「理論」じゃないよ。「勉強」の「理論」。その理論を知るために「知識」が必要。それがノート作りの目的。だから、全力塾の考える「生産性」と「効率」とは、勉強の「理論」を伝える「生産性」と「効率」のこと。「理論」をきちんと教えるから、理解度が高くなる。中学生のときの自分に言いたいのは、「理論を学びに塾へ行け」ということですね(^-^;☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「理論」を伝える全力塾の夏期講習が7月24日(火)から始まります!

読解力について考える

「読解力とは何か?」と機会があるたびに考えます。「読解力」とは「ウィキペディア」によると--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------「読解力(どっかいりょく、英:reading comprehension)とは、一般的には文章などを読み解く能力を指す。とりわけ日本では、国語教育を想定した上で、「教材としての文章の内容を正確に読み取る」という意味合いで用いられることが従来より多かった。しかし近年、PISAの調査結果から、日本は国際的に見て読解力が高い水準にないことが明らかとなっている。この調査における、「読解力」に相当する分野は"Reading Literacy"と呼ばれるものであり、「PISA型読解力」などの表現で従来の用法と区別されている。文部科学省によれば、この両者の違いを踏まえ、後者の「PISA型読解力」の特徴を次のようにまとめている。1テキストに書かれた情報を理解するだけでなく、「解釈」し、「熟考」することを含む。2テキストを単に読むだけでなく、テキストを利用したり、テキストに基づいて自分の意見を論じたりすることが求められている。3テキストの内容だけでなく、構造・形式・表現法も評価の対象となる。4テキストには、文学的な文章や説明的文章などの「連続型テキスト」だけでなく、図・グラフ・表などの「非連続型テキスト」を含んでいる。--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------お、おぅ…。これを読解することも大変だ…。塾で学習指導をしていると、「読解力」がないことが勉強を苦手にしているのは間違いないと思います。ただ、僕が考える「読解力」は、「そうした方がいい」、ということがなんとなくわかっていて実行するみたいなことではないかと考えています。宿題をする。字をていねいに書く。決めたことを続ける。のようなこと。「読解力」がないというのは、「そうした方がいい」とわかっていない。もしくは、「そうした方がいい」とわかっていて、していない。ということではないかと考えています。例えば、「宿題をした方がいい」ということがわかっていない。「宿題をした方がいい」ということをわかっていて、していない。だから、勉強が苦手なまま。しかし、「宿題をしよう!」と言って、「なぜ宿題をやらなければならいのですか?」と言えれば、「読解力」はあると思います。ウィキペディアの記述にあるように、「解釈」し、「熟考」しているから。新年度が始まり、理解度が上がっていく塾生の多くは、僕が考える「読解力」がある子どもたちです。「そうした方がいい」ということをわかっている。学校の授業などでも、「そういうものなんだ」というように理解できているのではないかと思います。ですから、塾の授業でその学習内容の「理論」を体系立てて伝えると、さらに理解度が上がっていき、応用問題が解けるようになる。「学校の授業がわからない」と言う人ほど、「そうした方がいい」ということをやっていない傾向にあります。「そうした方がいい」は、人類の長い歴史の中で不変のもの。お手伝いはしないより、した方がいい。あいさつはしないより、した方がいい。本は読まないより、読んだ方がいい。そして、「そうした方がいい」ということは、だいたい本に書いてある。その理由も書いてある。だから、本を読むと読解力が上がる。そして、自分で見つけた「そうした方がいい」は確実に自分の成長につながります。

「勉強の違い」を知る

今年、高校に進学した元塾生たちが定期テストに向けた勉強をするために全力塾に来てくれています。高校の学習内容でちょっと苦戦しているようです(^-^;中学時代の定期テストは、「くり返す」ことで、ある程度の点数を取れていたと思います。しかし、高校の学習内容は教科数も学習内容も中学時代よりも増えているので、「くり返す」ことで良い成績を取るのは難しいと思います。では、どうしたら良いのか?こうやって塾で学習することが効果的だと思います(^-^;という宣伝。というのは、ちょっと冗談で(ちょっとだけです。小学生・中学生・高校生の各年代の勉強の違いを知ることから始めましょう。小学生の勉強は、図のように積み重ねるといういうよりは、短い単元をどんどん勉強していくような感覚です。例えば、小学6年生であれば、最初に「線対称・点対称」を学習した後、「文字と式」を学習します。この2つの単元にはあまり大きな関連はありません。ただ、小学6年生の前の学年からの関連はあります。ですから小学生の学習で大切になるのは「習慣」です。そして、できるまで続ける。中学生になるとどうでしょう。図のように、1つの学習単元は長くなり、その単元は次の単元を理解するために大切になります。例えば、中学1年生の「正の数・負の数」は1学期が始まって1ヶ月経ちますが、まだ半分も終わっていないと思います。これは学習進度が遅いのではなく、1つの学習単元が長いからです。そして、小学生の学習がその土台になっています。その土台は「習慣」。中学で勉強ができなくなる原因は、その土台を作ってこなかったこと。積み重ねていくべき勉強で積み重ねなかったこと。のどちらかです。もしくは、両方...。高校になると…。先ほど書いたことに加えて、やはり土台が大切。「積み重ねる」、というのは、「時間」。時間をコントロールはできない。コントロールできるのは「自分」だけ。過ぎてしまった時間を取り返すことはできないけど、「手段」は変えられる。そこに気付いた高校生が動き始めたことが嬉しかったなぁ。そして、苦楽を共にした塾生たちとの勉強は、やはり楽しいです。