全力塾代表

記事一覧(100)

釣り

伸びる子どもと伸びない子どもの差はどこにあるのか。結論から言えば、習慣や考え方の違いということになるでしょう。では、その習慣や考え方の違いはどこから生まれるのか?それは、「魚」を得ようとしているのか「釣り方」を得ようとしているのかというところにあると考えています。突然の「釣り」。老子の言葉に、「授人以魚 不如授人以漁」というものがあります。「魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ」という意味です。魚を与えても、1日でなくなってしまう。釣り方を教えれば、一生食べていける。という、ものの例えです。これは、指導者・保護者の目線ですね。ただ、子どもからの目線では、「早く魚を与えてくれ!」となっていないか。この「魚」が「成果」かというと、そうでもない気がします。「勉強しなさい」って言われるから、その「勉強しなさい」をしに来た、みたいに見える。その「勉強」も「問題を解く」ことになっている。教科書を読んだり、ノートまとめをしたり、という一見「めんどくさそうな」ことをしないで成績を上げたい、という感じでしょうか。定期テストの結果で驚異的な伸びをした塾生がいました。「効率の良い勉強方法」というブログで紹介したデータのBさんです。