全力塾代表

記事一覧(65)

「勉強の違い」を知る

今年、高校に進学した元塾生たちが定期テストに向けた勉強をするために全力塾に来てくれています。高校の学習内容でちょっと苦戦しているようです(^-^;中学時代の定期テストは、「くり返す」ことで、ある程度の点数を取れていたと思います。しかし、高校の学習内容は教科数も学習内容も中学時代よりも増えているので、「くり返す」ことで良い成績を取るのは難しいと思います。では、どうしたら良いのか?こうやって塾で学習することが効果的だと思います(^-^;という宣伝。というのは、ちょっと冗談で(ちょっとだけです。小学生・中学生・高校生の各年代の勉強の違いを知ることから始めましょう。小学生の勉強は、図のように積み重ねるといういうよりは、短い単元をどんどん勉強していくような感覚です。例えば、小学6年生であれば、最初に「線対称・点対称」を学習した後、「文字と式」を学習します。この2つの単元にはあまり大きな関連はありません。ただ、小学6年生の前の学年からの関連はあります。ですから小学生の学習で大切になるのは「習慣」です。そして、できるまで続ける。中学生になるとどうでしょう。図のように、1つの学習単元は長くなり、その単元は次の単元を理解するために大切になります。例えば、中学1年生の「正の数・負の数」は1学期が始まって1ヶ月経ちますが、まだ半分も終わっていないと思います。これは学習進度が遅いのではなく、1つの学習単元が長いからです。そして、小学生の学習がその土台になっています。その土台は「習慣」。中学で勉強ができなくなる原因は、その土台を作ってこなかったこと。積み重ねていくべき勉強で積み重ねなかったこと。のどちらかです。もしくは、両方...。高校になると…。先ほど書いたことに加えて、やはり土台が大切。「積み重ねる」、というのは、「時間」。時間をコントロールはできない。コントロールできるのは「自分」だけ。過ぎてしまった時間を取り返すことはできないけど、「手段」は変えられる。そこに気付いた高校生が動き始めたことが嬉しかったなぁ。そして、苦楽を共にした塾生たちとの勉強は、やはり楽しいです。

上手なしつもんのしかた

「ここまではわかったのですが、 ここからわかりません。」この質問ができる人は確実に伸びていきます。全力塾が大切にしている「3つの自己」である、「自己決定」、「自己把握」、「自己開示」のうち、「自己把握」と「自己開示」ができているからです。自立学習というのは、一見「自習」のような指導スタイルに見えます。この指導スタイルで大切なことはたくさんあるのですが、過去のブログ「イロとカタチ」でもお伝えしたように、塾生の考えを「顕在化(目に見える形にすること)」することを指導の中に取り入れています。この「顕在化」させるものの1つが、「どこまでわかっているか」。僕から、「どこまでわかっているの?」と聞くこともありますし、塾生が解いた問題を見ればわかるときもあります。自分から「自己開示」しようとするよりは、勝手に「自己開示」してしまうような感覚、かもしれません。「わかりません」という言葉の中に、「価値」を探す。問題が解けることが成長につながる、というよりは、問題に対する「考え方」が成長につながっていきます。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆全力塾は5月5日(土)まで通常授業はお休みとなっております。定期テスト対策は実施しております。

つまずきの原因を知る

塾の指導で意識しているのは、どこでつまずいているのかを知り、その対策をすること。知識(知ってるか)行動(何をどうすればいいか)気づき(わかる。対比関係と因果関係)技術(できる。勉強で言えば応用問題)習慣(しつづける)つまずきのポイントは5つ。知識がない場合は、知識を伝える。行動していなければ、行動の選択肢を伝える。ここまでは、「授業」でできること。「気づき」は今までの「知識」を使って、「対比関係と因果関係」が「わかる」かということ。そして、「気づき」が「技術」、「習慣」の差を作っている。ということは、勉強で最大のポイントは「わかっているかどうか」この「わかる」というのは、「知っている」とは違います。そして、「対比関係と因果関係がわかる」ために「知っている」が必要。その「知っている」も「行動」により身につく。ちょっと抽象的(いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。)ですね。大人で言えば、「仕事」がわかりやすいかな。自分がやっている仕事はどんな仕事か「知って」いて、それをしている(行動)。そして、「こうすればうまくいく!」が「気づき」。「うまくいく」ための「技術」はあるか?その「技術」を身につけて、「続けて」いるか。仕事って「こうすればうまくいく!」がないと辛いですよねぇ(^-^;子どもも同じだと思います。「こうすればうまくいく!」のような感覚が勉強には必ずある。それは、「以前学習した内容との違いと共通点」がわかっている感覚。これがわかっていると、「技術」、つまり勉強で言う「応用問題」が解ける。そして、それを「習慣化」している子どもは学力が高い。そして、学力が高い子どもは目標を達成し、夢をかなえていく。具体例を挙げると、「英語日記」

簡単に伸びる方法(初級編)

全力塾の中学生の指導は「映像授業」が中心です。映像授業と聞くと、どんなイメージなのでしょうか。一方的に「解き方」を伝えるようなイメージがありますが、そうならないように意識をしています。まずは、「解き方」と「考え方」を分けて伝えています。これは前回のブログ「2:8」でも伝えています。そして、「記録したノートをいつ見返すか」を映像の中の金子が声をかけています。映像が見終わった後で、リアル金子が「いつノートの見返しをする?」と聞いています。ここで、伸びる塾生と伸びない塾生に差が生まれます。伸びる塾生は、「毎週〇曜日の△時です」と具体的に言えます。伸びない塾生は、「・・・!」あらら、決めてなかったんだ。めちゃくちゃ大切なことを言います。簡単なことを、うんうん、と軽く流す人は伸びない。そういう人は次も必ず同じ間違いをする。この場合の「簡単なこと」とは、「日付を決める」全力塾が大切にしているのは「自己決定」。自分で決めたことは必ずやりきれる。これは勉強だけに限りません。「決める」というのは、難しいことではありません。ただ、なぜそれができないか。それは、「自分の責任」になるから。言い訳ができなくなるから。自分で決めることを増やしてみる。絶対、すぐ伸びる。親に決めてもらってるなんて、だせぇよ。自分で決めたことを応援してもらうんだよ。そして、お家の方はそういう(子ども自身が決めたことを続けられるようになるまで)余裕を持つ。(3ケ月はイラつく覚悟を!)まずは、「日付系」。今日の日付を書く。日付を決める。すぐ伸びるよ。

2:8

このブログでよく伝えている「目標を立てる時期」がやってきました。目標を立てる時期は、新年の始まり新年度(新学期)の始まり自分の誕生日の3つです。新年の始まりは、1年間継続したいこと。新年度(新学期)の始まりは、達成したい目標。自分の誕生日は、どんな自分になりたいか。そんなことを考えています。僕がこうやってブログを続ける理由は、「決めたことを続ける環境を創る」ため。そして、目標をブログで書くのは、「目標は人前で言わないと達成できない」から。そして、目標を設定する際に、前はどんな目標を設定していたか、どこまで達成できたかを振り返ることができます。2018年の始まりのときには、「合理化と生産性の向上」という目標を設定し、3学期は「映像授業」の内容の改善に力を入れてきました。昨年度の高校受験のためにたくさんの解説を作成してきましたが、そこで気付いたのは、「解き方よりも考え方」ということ。ただ、このままだと漠然としていて、塾生にもどれが「解き方」でどれが「考え方」なのかが伝わりづらかったと思います。試行錯誤の末、行きついたのが「考え方:解き方=2:8」の法則。ノートを2:8に分割し、2割の方に「考え方」、8割の方に「解き方」を記録していきます。その2割というのは、「以前習ったこととの比較」「なぜそうなるのかという因果関係」そして、8割の「解き方」では、「具体例」を挙げて説明、というようにしています。そして、2割の「考え方」には、毎回単元が違うのに、だいたい同じことが書かれていることに気付きます。つまり、「考え方」というものは、その教科を通して身につけたい「考え方」であり、その教科の本質。おぉ。正直、ブログを書きながら着地点を探していました(^-^;見つけた、着地点。さて、そうなると新学期の目標は「その法則を証明すること」になります。新学期、新年度、みなさんはどんな目標を立てましたか?

得意と苦手の境目

集中+速い

解くのが遅い。集中力がない。この2つの解決法に気付きました。それは、手を止めないこと。解くのが遅いのは、手が止まっているから。集中できないのは、手が止まっているから。解くスピードが速い人は、書くことが速いというよりも、スピードを変えずに常に手が動いているような感覚の人です。集中力があるなぁ、と思う子どもは、手が動いている時間が長いと思います。では、何を書いているのか?それは、「考え方」です。算数や数学で、すぐに式を書こうとする人ほど、進まないことが多い。遠回りかもしれないけれど、図を書いたり、1本の式で書くことが正解に近づくことが多い。勉強は、「考え方」を知り、それを「再現」することが目的なのです。勉強の目的が、早く終わらせようとすることになっている場合は注意が必要です。それは、「勉強」ではなく「作業」に近い。早く終わらせた方がいい、というときもありますが、それは「勉強」で得られるものではなく、「時間の使い方」という「生き方」の話になります。もし、勉強で困っていることがあるとしたら、その原因が、「勉強の方法」なのか、「時間の使い方」なのかを考えて、「何を変えていくか」を決めることが効果的です。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆全力塾では、春期講習を開講しております。春休みは「勉強の方法」、「時間の使い方」を身につけるための大切な時期です。ぜひ、体験授業をご活用ください。全力塾 上越校 025-512-7569(春期講習のご案内)全力塾 十日町校 025-761-7487