かしこさとは何か?

勉強をすればかしこくなるのか?

かしこいから勉強ができるのか?


以前のブログ「休憩」では、

「うまくいく」ことを抽象化しました。


うまくいくために大切なのは習慣。


過去のブログで「かしこさの階段」についてお伝えしました。

かしこさを支えているのも、

習慣。


僕が英語の学習でおすすめしているのが

この基礎英語は、「習慣」を身につけるためと思われがちですが、

僕も中学生の3年間やってきましたが、確実に

この部分を作っていきます。

自信と自立。

学力が上がる勉強方法は、この部分から生まれます。



学校でも「基礎英語」を取り入れているところもあるようですが、

が重要。

「~した方がいい」というのができない、わからない人には効果がありません。

そして、「自分で決めて」続けなければ効果がありません。

だから、あんまり学校で取り入れてほしくないなぁ…。

「基礎英語」を嫌いになってほしくないから…。

英語が得意な人はぜひ続けてほしいし、学校で取り入れていない人はぜひやってほしいな。


「かしこい」、「かしこくない」、をジャッジするつもりはありません。

今の自分の状態を知り、適切な勉強をしていく。

定期テストで勉強してるのに成果が出ない人は、

人に言われたことを一生懸命やっている」から。

「提出すること」

「繰り返すこと」

って言われたらやるしかないもんねぇ…。


でも、変えられるのは、

その課題の意味。

どうしてその課題をやった方がいいのか?

どうやってその課題をやっていくか?

かしこい人はそれが考えられる。


勉強をすればかしこくなるのか?

かしこいから勉強ができるのか?

結果を得られるのにふさわしい人になることも勉強です。