暗記と記憶


以前、記憶に関するブログを書きました。

この「記憶力を上げる」というブログで紹介した、「見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル」が近くの書店でランキング1位になっていました。

また、たくさん本を売ってしまいました…。(ホントか?


この2つのブログでは、「記憶」や「記憶力」について書いていますが、

今回は「暗記」と「記憶」について考えてみたいと思います。

「暗記」と「記憶」の違いは何でしょうか?

意味を調べてみましたが、ざっくり言うと

という感じでしょうか?

え?同じじゃない?


「暗記」と「記憶」には何があるか。

があるような印象があります。

今日のブログは「感じ」、「印象」という言葉が多いです(^^;)

具体的な教科で見ていきたいと思います。

英語と数学では、

このような印象があります。(また…


英語では、


というように「覚えなきゃ始まらない」ことが多い。


数学では、


というように「こうだからこうなる」という確証をもって進めることが多い。

「こんなんだった気がする」なんて解いてませんか?





ですから、僕はこういう感覚があります。

みなさんはどうですか?

塾生に聞いてみると、

「…、まぁ、そうかも。」

という答えが…。

伝われ~。


英語が苦手な人は、覚えてないから。

数学が苦手な人は、覚えてやろうとするから。

これも印象ですが…。

ですから、授業を受けるとき、問題を解くとき、

ただ「覚える!」と思うのではなく

ということを考えてほしい。

僕自身も、授業をするときに伝えていきます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

え?ちょっと意味わかんないんだけど!

なかなか静止画で伝えるのは難しいので、ぜひ深い内容は授業の中で…


お問い合わせ・体験授業のお申し込みは

全力塾 上越校・高田教室

025-512-7569