抽象

学力を上げるために大切な力として、

言いかえる力

仮説を立てる力

見方を変える力

を紹介してきました。


最近は、それを意識して指導をしてきましたが、

この3つの力には、「抽象化」することが大切なのではないかということに行きつきました。


「抽象」とは、

個個の事実や事象から、それらの範囲の全部のものに共通な要素を抜き出し、

「およそ、…と言われるものは、このようなものである」

と頭の中でまとめあげること。【新明解 国語辞典より】


ちょっとわかりにくいですね。

「抽象」の対義語が「具体」や「具象」であることのほうがわかりやすいかもしれません。

すごくざっくり言うと、

「ざっくり言う」

ということでしょうか(^^;)


例えば小学5年生で学習する「割合」。

みなさんは、どのように習いましたか?

塾生に聞いてみたところ、

ほとんどの塾生が、『「左側」で習った』、とのこと。

小学校の算数は高学年から「抽象的」に考える学習が始まります。

はっきり言えば、

左側は「抽象」ではありません。

「こうすると式が立てやすいね!」

であって、「割合」の説明ではありません。


本当は、「右側」でも学習したけど、覚えてないだけかもしれません。

しかし、右側で覚えている人は、

「割合とは何か」を説明できないでしょう。

意味もわからず問題を解いても決して記憶に残りません。

言語化できないからです。


高校生の数学でも言えます。

「三角比」という学習内容があります。

うわぁ…、というお家の方もいらっしゃるかもしれません(^^;)

僕も「うわぁ」でした(^^;)

これも、小学生の割合のように、「抽象化」してみる。

これは、抽象でしょうか?

抽象のように見えますが、因果関係や意味がよくわかりません。


三角比とは何かを考えてみると、

斜辺を「1」としたときの他の2辺の長さのことです。

そう、本当に「比」のことです。


だから、三角比の公式って、

こういう意味なんです。


意味がわからない=言語化できない。

それは、記憶に残らない。

意味を考えるための「抽象化」。

子どもたちが、「抽象化」できる手法はまだはっきりと確立できていません。

しかし、この「抽象化」が学力アップのために重要なものであることは間違いありません。